HOME浜市の餌づくり

自然豊かな地に育まれた「浜市品質」

すぐそこに魚がいて、釣りがある  

当社が拠点を置く和歌山県・みなべ町は、紀伊半島西岸の真ん中あたりに位置します。山があり、川があり、そして黒潮の影響のある海があり、釣りを楽しむにはこの上ない環境です。春の渓流釣り、夏の鮎釣り、海では四季それぞれに様々な魚種が釣り人を魅了してきました。地元はもちろんのこと、京阪神方面の釣り人にとっても主たるフィールドになっています。様々なジャンルの釣り、そして釣りの産業が関西を中心に栄えているのも、この紀伊半島というフィールドの存在が大きく影響したことは間違いないでしょう。当社の各製品も、この地の環境と多くの人びとによって生み出されたことは言うまでもありません。

   

本社南方に広がる田辺湾。内湾と外海の釣りが両方楽しめる釣りのメッカです。

 

餌の製造・卸が本格稼動する以前、当社では食品加工に用いる水飴を製造していました。その大口の納入先に琵琶湖周辺の佃煮業者があり、頻繁に行き来があったのです。それを聞きつけた地元の釣り人から「帰り荷で琵琶湖産のエビを持ち帰れないか?」との要望があり、実現したのが社業の起源でした。本格稼動するほどに、扱う餌の種類も増え、またオキアミの出現で加工した釣り餌の需要は一気に高まったのです。

 
この地にあったから  

会社のすぐ前がテストフィールドという恵まれた釣り環境は、製品づくりの試行錯誤にも大変有利でした。製品の加工は本来、原料の産地周辺で行えば理想ですが、その産地も様々なので、すべてに条件が揃うことは難しいことです。例えば現在の製品の主たる原料であるオキアミは南極産ですから、どこに拠点を構えようと、原料の質には全く関係ありません。問題はそのあとに続く仕事でしょう。

オキアミの選別をするスタッフは常時約20名。
この作業が「浜市品質」の根幹にあるのです。

餌の加工を実践する中で、釣り人からは「質の良い粒ばかりを選る」といった要望が出てきました。オキアミにせよ小魚にせよ、網で大量に捕獲されたような原料には、身に傷みが生じるものがあります。それらは当然使い勝手が悪く、要望が出るのも無理はありません。これをクリアするにあたって、当社は良い条件がありました。人材の確保です。我が町みなべ町は、日本一とも言われる「南高梅」の産地。また漁業とその周辺産業も盛んなので、農水産業に経験のある労働力が豊富にありました。これらの産業には必ずついてまわる「ちゃんとしたものを選り分ける」センスと、それを続ける体力が、製品の品質向上に大きく寄与してくれたのです。釣り餌の原料は、扱いやすいとは言いがたいものが大半。それを毎日毎日やり続ける辛抱強さは、地域によっては簡単には得難いものでしょう。地域的なメリットの上に出来上がった製品が、各地のお客様にご利用いただけることを喜びに、浜市の餌づくりは続きます。